長い時間、紫外線光を浴びると日焼けすることは、およその人が知ってますね。日焼けの元となる紫外線というのは、いったいどういったものなのでしょうか。

太陽光というものは、太陽光の1種類で、性質をA波、B波・C波紫外線に分けることができます。硝子の様な透明な物体では、太陽光A波をさえぎる事が難しく、肌へと到達します。ガラス窓を挟んで太陽光をあびていた時や、自家用車で外出をしてる際も、太陽光A波というのはすり抜けるので日焼けしてしまうのです。

一方、UVb波というのは雲で遮れるので、雲がかかっている日や、雨が降っている日減衰します。気候によって照射している量が変わってる紫外線の量というのは、此のUVb波です。

紫外線c波が日焼けすることに関わりはないんです。なぜかというと、紫外線C波はオゾン層を通り抜けないからです。

A波というのは、窓ガラスを抜ける事が可能であるため、皮ふの深部にある真皮層へと到達するのですが、有害度合でいうならB波程じゃないと言われているのです。

皮ふの日に焼けることを考えるとしたら、部屋でも太陽光を浴びてしまう為、常に対処法を実行する必要のある紫外線なんです。肌の色が褐色になってしまうことが、サンバーンの働きではじゃないんです。シミやくすみがふえて、たるみや肌老化の元にもなってしまうものなのです。

紫外線で色焼けをしちゃうのは、皮ふを守る為にメラニン色素を上昇させる、いわば防御反応なのです。こんがり焼けてしまった健康な印象を人に与えますが、エイジングケアという視点から考えていると皮膚にとってはいいこととじゃないので、その対処法が大事なんです。