皴がふかくくっきりとしてくると、年をとってみえますよね。そんなひとでも、少々年をとって目元やほうれい線の横じわが深くなりますが、可能であればは皴のないようにしたいものです。

ひとの皮ふは、ヒアルロン酸・コラーゲンなどでハリが続いていますでしょうが、年をとるとこれらの高分子化合物が創製されにくくなってしまうのですよ。出来立てホヤホヤの状態が無くなってしまうと、皮膚は万有引力に引かれちゃって徐々に下に垂れやすくなって、皮ふ自体の重量も関係して皴が出来てしまうようになるのです。

顔のお凸パーツに現れる見上げ皺は、前頭筋と言う名前のひたい部分にある筋肉が無茶な緊張による顔ばせが根本要因となってしまって、出来ちゃうといわれているのです。幼少の頃から前額部の波じわが目立っているというような人もおりますが、年をとってとだんだんしわが凄い深く刻まれるっていう場合もあるんです。

美容外科などでは、ボトックスを注射して、前額部のシワに関する治療をしているのですよ。筋肉のコントラクションが発生してしまわないよう、ボトックス注射で神経信号をさし障ります。ひたいの横じわを目立たなくするために、オデコの筋肉に対しボトックスを注射し、筋肉にチカラが入ってしまわない様にしていくのです。

その他にも、眉間や、目尻にできる小さめの皺に大して、ボトックス注射が効果を取り組みを進めます。数ヵ月位で徐々に特効が少なくなりますが、常用的に注射することによってプラスの結果を維持させることが出来ます。

もしも仮にお凸の見上げ皺を目立たなくさせたいと考えてる女のかたは、ボトックス注射で治療をしてみるといいかもしれないでしょう。