スキンケア化粧品には昼用と夜用のものがあるのはご存知でしょう。肌質による使い分けだけでなく使用する時間帯の違いによってもスキンケア化粧品を使い分けることが、お肌を健やかに美しく保つために大切なポイントなのです。

一般的には紫外線を通さない成分を配合したスキンケア化粧品をを昼用として使います。いわゆる「ベースクリーム」というもので、UVカット機能のあるローションなども含まれます。朝晩の通勤や通学による移動や、ちょっとした外出の際の紫外線予防ができるメリットがあり、化粧の上からさらに日焼け止めを使うという煩わしさがないという利点があります。

紫外線ブロック効果がある成分を配合したスキンケア化粧品だと、短い間隔で日焼け止めクリームを塗り直さなくとも紫外線に対する防御が可能になります。ですから外出の途中で化粧崩れを整えるときや、食事の後などにファンデーションを軽く整えるだけでよいのです。1分1秒が貴重な朝の忙しいときでも、UVカット効果を考えて作られているスキンケア化粧品なら手間いらずで紫外線の対策が可能ということです。

もし朝晩同じスキンケア化粧品を使いたい場合には、朝はUVカット効果のないスキンケア化粧品を使い、日焼け止めクリームを別に用意するといいでしょう。紫外線吸収やブロックの働きをする成分を配合していないスキンケア化粧品の場合、メイクする前にの下地作りのときに日焼け止めクリームを塗布しておくのがポイントです。

UVカット成分配合のスキンケア化粧品を使う時の注意点としては、お肌に負担をかけないために、就寝前には使わないようすることです。スキンケア化粧品を選ぶ時には、自分の生活シーンに合わせて判断することが大切です。

乾燥肌、敏感肌専用の保湿系スキンケア化粧品ならアヤナスが人気です。